Top >  クロエ >  クロエ 財布

クロエ 財布

財布などで有名なブランド:クロエの歴史

クロエのバッグ財布などは高価で、セレブ御用達といわれています。
ブランド クロエの歴史は比較的浅く、1952年にジャック・ルノワールとギャビー・アギョンの二人により、パリで設立されたのがきっかけです。
ブランド名の由来は、有名なバレエ音楽「ダフニスとクロエ」にあります。
「ダフニスとクロエ」は、ロンゴスの古代ギリシャ小説「ダフニスとクロエにまつわる牧人風のレスボスの物語」を原作としたバレエ作品で、その名前を聞いたことがある人も多いと思います。

1963年、CHANELの現デザイナー、カール・ラガーフェルドがヘッドデザイナーに就任。ラガーフェルトがデザインしたフローラルの花柄のプリントや、研ぎ澄まされた斬新なデザインは、世界的な評価を高め、「クロエ」というブランドの歴史に残る名作品となりました。

現在、財布やバックのデザインはモデルのように美しい女性、フィービー・フィロが担当しています。
短い歴史の中、クロエはプレタポルテだけでなく、バッグや財布や小物、香水までを販売するブランドに急成長を遂げました。
しかし、クロエの中でも一番女性が注目しているのは、何といってもバッグでしょう。


 クロエ 財布


クロエの財布のモデル

クロエのバックや財布には、それぞれのモデルに名前がつけられています。
例えば、パディントンモデルが最近では大変人気です。
くったりとした子羊の革を使って作られた、決してスマートとはいえないぽってりした形とたくさんついたポケット、正面についた大きな南京錠が特徴です。
今やバッグや財布で、クロエといえばパディントンと言っても過言ではないでしょう。

特にパディントンの財布はバッグよりも、店頭やインターネットショップで品薄状態が続いています。

他にクロエの財布やバッグのモデルには、ワイルドな雰囲気で丸い金具がついたシルベラードモデルや、豊富な素材でジッパーヘッドが特徴的なベティモデルなどがあり、こちらも根強い人気を誇っています。

クロエブランドのバッグや財布は、普段使いだけではなく、通勤にも使えるデザインが多いことがポイントです。
決して安いものではありませんが、自分へのご褒美として、クロエ ブランドを選んでみてはいかがでしょうか。


クロエの財布を手に入れるには

クロエの財布やバッグをはじめ、日本で現在販売されているクロエの商品は、パリなどの直営店から直接買い付けてきた商品と、日本でのライセンス契約の下に制作している商品の2種類があります。
デザインや品質は両方とも同じなので心配ありませんが、インポート商品は、皮革製品のため輸入関税も高く、インポート商品を国内で購入するとなると、かなり値が張るということを覚悟しなければなりません。
また、日本でのライセンス契約の下に生産された商品は、日本のお札や硬貨に合わせて造られているので、使い勝手が良いですが、インポート商品は本国サイズになっています。

決して安い価格のものではないので、気に入ったものを手に入れるためにも、色々なショップを見て回り、実際に手に取って選ぶのがベストでしょう。

インターネットショップから購入される場合、信頼できるクロエのショップを選ぶのはなかなか難しいので、ホームページだけでなく、実店舗も持っているショップで購入するのが安心です。

◆ブランド クロエのショップ

丸井今井
札幌市中央区南一条西2-11

クロエ青山
港区南青山5-3-2 南青山スクウェア

新宿伊勢丹
新宿区新宿3-14-1

松屋銀座
中央区銀座3-6-1

三越銀座
中央区銀座4-6-16

西武池袋
豊島区南池袋1-28-1

西武渋谷
渋谷区宇田川町21-1

西武有楽町
千代田区有楽町2-5-1

クロエ東京ミッドタウン
港区赤坂9-7-3

三越日本橋
中央区日本橋丸の内1-4-1

そごう 横浜
横浜市西区高島2-18-1

三越名古屋
名古屋市中区栄3-5-1

クロエ 名古屋ミッドランドスクエア店
名古屋市中村区名駅4-7-1

大丸心斎橋
大阪市中央区心斎橋筋1-7-1

阪急うめだ本店
大阪市北区角田町8-7

そごう 心斎橋
中央区心斎橋筋1-8-3

大丸神戸
神戸市中央区明石町40  

三越広島
広島市中区胡町5-1

岩田屋 福岡
福岡市中央区天神2-5-35


クロエの財布の使い勝手

クロエの財布は、バッグ同様、デザインだけではなく、細部のディテールにまでこだわった使い勝手の良さも人気ポイントの一つです。
クロエの財布は、口が大きく開くものが多く、収納力も抜群です。
特に、財布にカードが入りきらなくて悩んでいる女性にお勧めの、使い勝手の良いアイテムですね。
また、クロエの財布のうち、日本でのライセンス契約の下に生産された商品は、日本のお札や硬貨に合わせて造られています。
この点も、クロエの財布の使い勝手が良いという、理由のひとつだと思います。
ですから、同じクロエの財布でも使い勝手の良さを求める方は、ライセンス商品を購入されることをお勧めします。


クロエの財布のライセンス

現在、日本で流通しているクロエの、バッグや財布をはじめとした商品には、インポート(輸入)商品と、日本でライセンス生産されたものの2種類があります。
インポート商品は、パリの本家クロエのデザイナーがデザイン・素材の吟味を行った上で作られたものを、直接買い付けを含めて輸入したものです。
ただ、皮革製品のため輸入関税も高く、インポート商品を国内で購入するとなると、かなり値が張るということを覚悟しなければなりません。
それに対して、ライセンス生産の商品は、(株)西川が企画・製造しています。
西川側がデザイン画や製品サンプルを試作し、クロエ社に送付して伺いを立て、許可を得たものだけを、クロエのブランドとして国内で製造し、販売しているというわけです。
ちなみに、(株)西川は、バーバリーの財布のライセンス生産も行っているということです。


 クロエ 財布


【楽天】期間限定ブランドセール!


【Yahoo!オークション】で人気ブランドの財布を探す!

クロエ

関連エントリー

 • クロエ 財布


Top >  クロエ >  クロエ 財布