Top >  グッチ >  グッチ 財布

グッチ 財布

財布などで有名なブランド:グッチの歴史

グッチは、バッグ、財布、香水などで世界中の人に愛される、大変有名なブランドです。
しかし、その影には長い歴史と苦悩があります。
グッチの創業者であるグッチオ・グッチは、1881年にイタリアのフローレンスに生まれました。
小規模な旅行用カバン(ラゲージ)と馬具の製造会社をフィレンツェにオープンさせたのが、グッチの歴史の始まりです。
その品質の高さからグッチの製品は大好評を呼び、グッチは一気に高級ブランドとしての地位を確立します。
世界で初めてデザイナーの名前を入れて商品を販売し、ブランド商品の元祖となったのもグッチなのです。
グッチが自ら考案した「グッチオ・グッチ」の頭文字をあしらった、“ダブルG”のモノグラムはあまりにも有名です。
しかし、経営的な家内紛争が絶えず、破綻寸前まで追い込まれてしまいます。

企業改革に苦慮する日々が続く中、1890年代、グッチは、クリエイティブディレクターとしてトム・フォードを迎え、伝統と歴史に現代的なトレンドをミックスした、新しいブランドイメージを作り上げることに成功し、世界最高峰のブランドとなりました。
現在、グッチのバッグと財布は、絶大な人気を誇っています。
また、その流行が男性にも浸透し、グッチの財布を手に入れる人、手に入れたい人は男女問わず大勢います。


 グッチ 財布 人気ランキング


グッチの財布の素材

グッチの財布の素材で代表的なのは、キャンバスとレザーという二つの素材を見事に融合させている所にあります。
グッチの財布は、“ダブルG”のブランドマークをモノグラムに配したキャンバス素材をまず前面に使用しています。
そして、縫製部分にカーフと呼ばれる子牛のレザー素材を使用するという、
カジュアルなキャンバスとシックなレザー、この二つの素材は一見したら相容れぬ関係に感じますが、それをうまく見事に調和させているのが、財布をはじめとしたグッチブランドの大きな特徴であり、また長年の歴史が生み出した産物なのです。


グッチの財布の縫製と品質

グッチの財布が人気である大きな理由の一つに、丁寧な縫製と高い品質が挙げられます。
細かいところなので一見しただけでは分かりませんが、縫製用の糸1本でさえ、品質の良い高級な素材を使用しているのです。
また、財布のボタンに施される“GUCCI”というブランドロゴや、時間をかけて丁寧にミシンをかける縫製作業、素材のキャンバスやカーフも高級で品質の良いものが使用されていることなど、財布を形成している全ての素材と作業に一切の妥協を許さないという強い信念には、本当に感心させられます。
この丁寧な縫製と高く確かな品質により、グッチの財布は一生モノとして、長い期間使用することができるのです。


ブランド グッチの財布のダブルG

グッチの財布やバッグといえば、“ダブルG”といわれるほど、“ダブルG”はもはやグッチブランドの代名詞になりました。
「G」というアルファベットをただ2つ並べただけのブランドマークなのに、なぜか人々の心を捉えて離さないのです。
グッチの財布は、デザイン的にも特に画期的な趣向を凝らしているわけでもありません。
しかし、財布のキャンバス地に施された“ダブルG”を見ていると不思議な感覚に陥ります。
規則正しくモノグラムに並べられた“ダブルG”は、使い古された感じではなく、何か新しささえ感じてしまうようなデザインです。
「シンプル・イズ・ベスト」のお手本のようなデザインが施されたグッチの財布に、皆が魅了されるのも十分納得できることでしょう。


グッチの財布のお手入れ法

グッチの財布のお手入れ法は、とても簡単です。
まず、グッチの財布のキャンバス地部分のお手入れ法は、ブラシを軽くかけて汚れや埃を落とします。
一方、財布のカーフ(革)部分のお手入れ法はレザー専用のクリーナーを使用します。
また、使用中に金具などが取れたり、裏地が破れてしまった場合は、グッチの直営店で修理が可能です。
キャンバス用のブラシやレザークリーナーなど、グッチの直営店でも購入できる他、市販のものを使用できることもあるので、購入の際に直営店のスタッフに確認すると良いでしょう。
長く使い続けるために、お手入れはきちんとしたいものですね。


 グッチ 財布


【楽天】期間限定ブランドセール!


【Yahoo!オークション】で人気ブランドの財布を探す!

グッチ

関連エントリー

 • グッチ 財布


Top >  グッチ >  グッチ 財布